忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

機会損失


先ほどカフェのリザーブの記事を書きましたが、全員が全員とは言いませんが、混んでいる時間帯に先に席を取ってからレジに並ばないお客さ んは一見さんの可能性が高いです。その店舗、または会社の方針にもよるでしょうが、うちは一見さんより常連さんを大切にしたいという考えです。その店舗や 会社の方針が、一階に使う金額の低い常連客より、一回に使う金額の高い一見客を優先にしろという短期志向の考えであればそれはそれでいいと思います^^。 従業員は会社の方針に従うだけですからね。悲劇なのは、長期志向の従業員がいた場合です。その従業員はストレスがたまってしまうか、短期志向になってしま うかもしれません・・・(涙)。長期志向は大切です。短期でかんがえればそりゃあ一回に使う金額が高い一見客を店側が優遇したくなるのも分かりません。特 に上から売り上げ売り上げとハッパをかけられている店長であればあるほど、短期志向になってしまいかねません。その日の売り上げで褒められもするし、怒ら れもするでしょう。上が短期志向だった場合、これは仕方のないことです。避けられるものではありません。その会社で働いている限りは、おかしい・・・と 思っていても従わざるをえをません。しかし少し考えて計算してみれば分かることですよね^^。一回の飲食に使う金額が1,000円だけど来店は月1または 一度だけの一見さんと、一回飲食に使う金額が290円~300円(コーヒー一杯)だけど、来店は月に25回~31回の常連のお客さん。一か月あたりの金額 にすると、一見さん1,000円、常連のお客さんは7,250円~9,300円。いかがでしょうか。計算してみるといいのです。しかも常連のお客さんとい うのはよっぽどのことがない限り通い続けてくれます。1年で計算してみると、87,000円~111,600円です。一見さんが毎回1,000円月に一回 使うと12,000円。その店の方針に従うしかないので仕方がないしょうが・・・(涙)。

佐賀県、システム開発サービスページ
システム 開発 佐賀
システム 開発福岡
Linux セキュリティ

米国インターネット通販、購入代行業者
米国 購入 代行
PR