忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

統一


ページ内でキーワードを出現させる際、気を付けて表示させなくてはなりません。最初はそのキーワードを漢字で記述していたのに、途中からひらがな表示にしてみたり、次にはカタカナで表示してみたりする。このようなキーワードの出現のさせ方をしてはいけません。キーワードの表示は統一させなくてはなりません。一度漢字でキーワード表示させたのであれば、今後、一生そのキーワードは漢字で表示しなくてはなりません。ちょっと大げさですが、それ程途中でのキーワード表示の変更はしてはいけないことですしSEO上影響が出てきます。それも良い影響ではなく悪い影響です。上位表示させたりキーワードを、タイトルに漢字で表示しているのに、記事内では平仮名やカタカナを使うというのもだめです。自分としては表示方法が違うだけで、言いたい、伝えたいことは同じだからと軽く考えてしまうかもしれません。ですが、検索エンジンのクローラーからしてみれば違うと判断してしまいます。

2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
PR