忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クローラー


Googleクローラーはほぼ、毎日来てくれるようになりました。新しいメインブログにして数週間後からほぼ毎日です。それに伴ってのことか、アクセス数も増えました。ですがここ最近、Googleクローラーは来てくれているのに、一般のアクセスが減っているのです。ちなみに毎日一記事は更新しています。ちょっと長めに文字数も多くしています(笑)。それなのにアクセス数は減っていくばかり・・・。Googleクローラーのアクセスだけは毎日あるという状態です^^;。なんでだろうか。Googleクローラーが来てくれているし、順位チェックツールを確認してもいまだに1位ですのでペナルティは受けていないと思うのです。ただ単にうちの記事が面白くないというだけならそれはそれであぁそっか!と納得&解決するのですが(笑)。悲しいですけど・・・(涙)。でも以前と変わらないブログの内容なのですがね・・・。作った料理、買った物の写真をアップするという・・・。

「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ

退行催眠とは?ヒプノサイト
退行催眠

SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
短期間で検索順位を上げる
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
営業目的ブログとSEO集客目的ブログに分離。集客は機動、営業は人心
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
テキストリンクを増やす
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
PR


訪問してくれた人や、自分からしてみれば、タイトルに表示されているキーワードが感じで、記事には同じ意味だけど、ひらがなやカタカナが使われていても何ら問題はありません。訪問者も自分も意味は分かっているし通じるからです。ですが検索エンジンのクローラーはそうは思わないのです。思ってくれないのです。なんだ?タイトルのキーワードが記事には一切ないな、あまり重要なサイトじゃないなこれは・・・と判断します。キーワードの表示を統一してくださいというのはこのためなのです。訪問者に通じればいいよ、自分で分かっているからいいよというのでは、検索結果の上位に自分のサイトはいつまでも表示されません。確かに記述が違っても内容は同じですので意味は通用します。訪問者にも分かってもらえますし分かってくれます。ですがmミバエをよくするためにも、キーワードの表示は統一するべきです。キーワードの表示を統一するだけで見栄えのいい綺麗なサイトになります^^。

催眠療法のカウンセリングサイト、池袋付近
池袋カウンセリング

Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い

統一


ページ内でキーワードを出現させる際、気を付けて表示させなくてはなりません。最初はそのキーワードを漢字で記述していたのに、途中からひらがな表示にしてみたり、次にはカタカナで表示してみたりする。このようなキーワードの出現のさせ方をしてはいけません。キーワードの表示は統一させなくてはなりません。一度漢字でキーワード表示させたのであれば、今後、一生そのキーワードは漢字で表示しなくてはなりません。ちょっと大げさですが、それ程途中でのキーワード表示の変更はしてはいけないことですしSEO上影響が出てきます。それも良い影響ではなく悪い影響です。上位表示させたりキーワードを、タイトルに漢字で表示しているのに、記事内では平仮名やカタカナを使うというのもだめです。自分としては表示方法が違うだけで、言いたい、伝えたいことは同じだからと軽く考えてしまうかもしれません。ですが、検索エンジンのクローラーからしてみれば違うと判断してしまいます。

2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給